レスキュー・ダイバー・コース

コースの参加前条件:
  • PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー取得者
  • 年齢15才以上
  • 過去2年以内に、エマージェンシー・ファースト・レスポンスを受講していること。
  • ダイブログに記録されたダイブ本数が20本以上

価格: €350.00 ダイビング器材は、上記の価格に含まれます。コース終了後のダイビングでは、器材代を50%割り引きいたします。  €80.00 Cカード申請料、+Padiレスキュー・ダイバー・マニュアル、病歴書: もし、病歴書のご質問の項目で、Y E Sになるものがありますと、コースを受講される前に医師の診断書が必要となります。 病歴書(クリックして、病歴書をご確認ください。)

コースに含まれるもの:
3 日間のコース
  • ダイビング機材
  • ダイビング
学科講習:

事前にレスキュー・ダイバー・コース・マニュアルを読んで、ナレッジ・リビューを解いておきましょう。クラスルーム、または現場にてインストラクターと答え合わせをし、最後にファイナル・エグザム(テスト)を行います。

学科の内容は、

  • ダイバーの緊急事態の原因とは?
  • 緊急トラブルの徴候や認識方法について
  • 緊急行動計画の準備
  • 圧力に関する傷害や溺れなどの特別なファーストエイド知識
  • 事故現場の管理

海洋実習:

海洋実習では、下記のレスキュー・テクニックを学びます。それぞれ基本的なスキル練習を行なった後、現実的な状況をシュミレーションしながら、スキルを応用して行きます。

コースで学ぶレスキュー・テクニック

  • セルフレスキュー
  • 疲労ダイバーへのレスキュー
  • パニックダイバーへのレスキュー
  • 反応があるダイバーへのレスキュー
  • 水中トラブル・ダイバーへのレスキュー
  • 行方不明ダイバーへのレスキュー
  • 反応がないダイバーを浮上させる
水中では、基本的なスキルが必要となります。もし、最後のダイビングから6カ月間、一度も潜っていない、もしくは自信が無いようであれば、コースを始める前 に、インストラクターとチェック・ダイブをする事をお勧めします。2年以上空いている場合は、リフレッシュ・コースで必須スキルを復習して、基本的な知識 を確認してみましょう。